毎週日曜日06:00-06:25にEテレにて『NHK 短歌』、06:35-07:00『NHK 俳句』がそれぞれ放送されています。4月放送分からの、2016年度の選者が番組内で発表されています。

 

www.nhk.or.jp

 

『NHK短歌』2016年度の選者

2016年2月に入ってからだったでしょうか、2016年度の『NHK短歌』『NHK俳句』の選者が番組内で紹介されるようになっています。

新年度2016年度の『NHK短歌』選者は、第1週が坂井修一さん、第2週が小島なおさん、第3週が伊藤一彦さん、第4週の『短歌de胸キュン』が栗木京子さんです。

ちなみに、今年度2015年度の選者は、第1週が佐佐木幸綱さん、第2週が染野太朗さん、第3週が栗木京子さん、第4週(短歌de胸キュン)が佐伯裕子さんです。ですから今年度の選者のうち、栗木さんだけが来年度も継続することになりました。

佐佐木さんも染野さんも1年しか担当していらっしゃらないので、少々意外な人選と思いました。佐伯先生も1年ですけど、彼女は2013年度までも胸キュンを担当していたので、私の中では単年はあり得るかと思っていたのでそれほど意外ではなかったです。

胸キュンの2014年度の担当は梅内美華子さんで、彼女も1年でしたから、単年契約が続いている印象ですけど、私が見始めたのは2013年度の夏頃からだと思いますので、それ以前の選者さんの担当期間がどれほどだったかはわかりません。単年が最近の流れなのか、以前からあった流れなのか。

個人的に新メンバーで楽しみにしているのは、小島なおさんです。小島ゆかりさんの娘さんですね。2014年度までの平日14:00から放送されていた情報番組『情報まるごと』に、週一で「やす短歌なお短歌」という短歌コーナーがありまして、そこに選者として小島なおさんが出演していらっしゃいました。そのコーナーが好きでよく観ていたので、本家(?)の『NHK』短歌に出演されると知ったときは嬉しかったです。

 

『NHK俳句』2016年度の選者

一方で、『NHK俳句』の2016年度の選者は、第1週が正木ゆう子さん、第2週が堀本裕樹さん、第3週が夏井いつきさん、第4週が小島健さんです。

205年度は、第1週が池田澄子さん、第2週が星野高士さん、第3週が櫂未知子さん、第4週(俳句さく咲く!)が小澤實さんでした。

櫂さんが2年間担当していらして、池田さんと星野さんは単年かと思います。小澤さんは2年担当された後に初心者向けの『俳句さく咲く!』にスライド登板されていたはずですから、3年間担当していらっしゃいました。記憶が正しければ。

俳句もやはり短歌と同様に大幅な変更がありました。単年の方がお二人いらっしゃいますから、少々慌ただしい感じがします。

気になるのは、夏井いつきさんです。「ダウンタウン」の浜田雅功さんがMCを務めていた、民放、フジテレビだったでしょうか、そのバラエティ番組『プレバト』に夏井さんが俳句の先生として出演されていたのを観たことがあります。その中での夏井さんは言葉が乱暴といいますか、歯に衣着せなさすぎる発言が多く、それに閉口して途中でチャンネルを変えてしまった経験があります。あれはあくまでバラエティ番組ですから、夏井さんはやらされていただけかもしれません。

現在の第3週を担当していらっしゃる櫂さんも、どちらかと言うと容赦のない発言をされる方でして、第3週にはそういったキャラクターの選者を担当させる流れがあるような気がします。「毒舌枠」みたいなものが。

 

おわりに

単年契約の流れが、2014年度から2015年度のタイミングで発生しているのだとすれば、原因は2014年度に『俳句さく咲く!』の選者を担当されていた稲**太郎さんにあるかもしれない、と推測しています。あくまで私の推測にすぎません。

2014年度のさく咲く!ほどギスギスした空気を醸していた番組はなかったように思います。おそらく出演者間の仲はかなり悪かったのではないでしょうか。ギスギスした感じが画面を通してこちらに伝わってくるほどで、まともに観ていられなかったです。その理由は、稲*さんの言動や扱いに偏りがあったこと、ではないかと私は思っています。要は贔屓ですね。ある女性を贔屓していたように、少なくとも私には見えました。

NHK短歌 - Wikipediaを読む限り、それまでの選者さんは2年間担当する流れがあったみたいです。NHK俳句のWikipediaはその点が書かれていないのでわかりませんでしたが、おそらく同じでしょう。稲*さんを1年で辞めさせるために、梅内さんも一緒に辞めてもらい、今年度の選者も単年契約にしているのかなぁ、と邪推しています。つまり、稲*さんがクビだったと周囲に思わせないためのNHK側の配慮があったのでは、ということですね。圧力かも。

先程も書いたように、これはあくまで私の邪推、想像、妄想でしかありません。

 

dysdis.hatenablog.com